思考の整理のコツと方法!感情も整えてモノノフを成長させる

ども、ノフです。

「思考が整理されない」とちょっとストレスになりませんか。

ぐるぐると同じことを考えてなかなかやるべきとこに取り組めない、とか。

考えることがありすぎて、思考がまとまらない、とか。

考えすぎて思考がストップする、とか。

思考の整理が必要な局面は多々あります。

今日は、「思考の整理のコツと方法!感情も整えてモノノフを成長させる」というタイトルで記事を書きます。

 

思考の整理

まず思考を整理とはどういうことでしようか。

思考を整理するということがどういうことなのか、ゴールを知れば自ずと方法はわかってくるかもしれません。

一般的に思考が整理されていると言われるのは、

・物事が分類されている
・優先順位が明確
・行動に移せる
・結合させる

ということです。

この4つができるようになると思考が整理されているといわれるようになります。

 

物事が分類されている

物事が分類されている、というのは、日々やらなければならないことや、やりたいことがカテゴリー分けで理解できているかということでです。

 

やることがバラバラに理解されているのではなく、いくつかの塊として理解されているかということです。

たとえば、生活、仕事、趣味、家族、というふうに分けられているかということです。

さらに、生活の中でも、トレーニングや食事、睡眠などわけられますね。

細かく分けすぎるとバラバラになりますので、自分にとって程よい分け方を考えてください。

 

優先順位が明確

明確

思考の整理されている人は、優先追うわ順位が明確です。

いまなにをすべきかがわかっているのです。

思考というのは、脳という箱の中に情報があるだけではなくて、今の環境ととても密接な関係があります。

自分の環境に対して、自分の思考が調和している状態です。

それは、いまやるべきことや、やりたいことや、やれることが明確であることです。

 

行動に移せる

行動に移せる

そして思考が整理されていると、スムーズに行動が移せるようになります。

それは、考えるというエネルギーを使う必要がなく、自分を動かすというエネルギーに集中できるので、より行動しやすい状態になっているのです。

思考が整理されている人は、とても行動量が多いという経験はありませんか?

また自分自身の頭がスッキリしているときは物事をこなせるというのも、行動に移しやすい状態であるからです。

結合させる

思考が整理されていると、自分の思考が、他の情報と結びつきやすくなります。

自分の思考が整理されていると、周囲を見渡す余裕ができるので、脳が勝手に他の情報と自分の中の考えを結合させやすくなります。

意識して結合させるというより、脳の特性ですね。

RASといわれる分野なんですが、いつも意識している情報を脳がかってに集めるという機能があります。

思考が整理されていればそのぶん、脳が勝手に新しい情報を発見し、自分の中で結合させます。

 

思考整理のコツ

原因

思考を整理するコツは、やるべきことを多くしないことです。

やるべきこと、やりたいことを多くしてしまうと分類自体も多くなり、自分の限界をこえてしまうということがあります。

カテゴリー分けしてもそもそも無理な予定をたてていることになります。

次に、スマホのメモ機能や、紙に書き出しておくことです。

目に見える形でやることを把握することで、自分のタスクが明確になるので正確な分類ができるようになります。

私は特にスマホでのメモを勧めています。

その中でもGoogleキープへのメモが良いと考えています。

Googleキープは書き方の自由度も高く、付箋のように気軽に書いたり、消したりできます。

もう一つGoogleキープへ記入するメリットは、なくならないということです。

メモだと落としたり、どこに書いたかわからなくなりますが、Googleキープに記入したことはなくなりませんし、検索機能を使えばどこに書いたかわからないということがありません。

 

思考の整理で感情も整える

無意味

思考を整理することで、感情も落ち着かせることができます。

自分の今やれること、やれないことがはっきりすれば、無駄に焦ることはありません。

私たちが日常の中で不安に思うことは、わからないという状態です。

何をしていいか、何ができていないのか、何をやりたいのか、言葉にして、文字にして明確にしていくと、わからないという状態が解消され、安心できることでしょう。

 

思考整理ツール

google

思考整理ツールでおすすめなのが、先程も紹介したGoogle Keepです。

メモツールなんですが、インターネット上に記録できて、メモをなくすということがありません。

また、パソコン、スマホ、タブレット、インターネットさえつながっていればどのデバイスからもアクセスができます。

気が向いたらそのときに記録できます。

さらに紙に書いたメモを写真をとって、キープに貼り付けておけば残すことができます。

私はGoogle Keepですべて

ただメモは、どこかで整理する必要ゆうりがあって、その整理のためにはEvernoteを使ってますね。

Evernoteは、最近は無料で使っていますが、有料にしてもいろいろできますので、無料でつかってみて自分にあっていれば

Google KeepとEvernoteはどっちもメモとしては同じように使えます。

どっちかしか選ばない場合は、自分の感覚でつかっていて気持ちいい方を選んでください。

 

まとめ

原因

今回は、「思考の整理のコツと方法!感情も整えてモノノフを成長させる」というタイトルで記事を書きました。

いかがでしたでしょうか。

モノゴトが整理されているとは、

脳内で

・物事が分類されている
・優先順位が明確
・行動に移せる
・結合させる

という状態です。

思考整理のコツは、

やることを多くしないこと!

メモすること!特にGooglekeepはおすすめ!

です。

思考整理をしてモノノフを目指してくださいね🎵

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA